So-net無料ブログ作成

ぎんつながり← [沖土]


 

 

 

 

あいつの2歩は俺の3歩。



土方さんの歩幅は広くて、俺の歩幅じゃ少しばかり足りない。


それが無性に悔しくて。
一生懸命歩いたものだった。







「痛っつ……………」

一生懸命歩きすぎた。
筋肉痛に動く気もおこらず、畳に横になったまま天井を見上げる。


「いつ以来でィ…………筋肉痛なんざ」





そう、それは。

あの。





………………────────────

仰いだ世界に誰かが入って、俺を見下ろした。
「そこをどけ」


低い声に沖田は目を見開く。
「あ、あんた…………!!!?」
「何だ?」


紛れも無い。

「土方さん…………!!?」


武州に居た頃の、泥くさい顔がそこにはあった。




勢いよく起き上がると、土の道がまっすぐ伸びていて、あとは一面に雑草が生えていて。

武州の風景が広がっている。


 


屯所があるはずも無い。

面倒なことになってやがる。


「てめ、何者だ?」
昔ブッ倒した相手か?



土方さんは土方さんで俺のことが分からねーみたいですねィ。
ちっと寂しいんですが。



「何言ってんでィ、今の俺ならあんたなんざ楽勝でさァ」
「江戸のもんか…………上等だ、と言いてえところだが、」


「何でィ?」
「得物は?」
「あ、」

屯所に忘れてきちまった。
この道を行けば山口のおじさんの家がある。
入って竹刀を借りたいところだが、今の身なりじゃそれも無理で。


あれこれ悩んでいると土方が微笑う。
「変わったやつ、」


むきになって、言う。
「あんたほどじゃねーやい」

この土方さんは、今の俺と同年代。
違ェねえ。

 

なのに何故か、
やっぱり土方さんの方が大人みてーで、
俺と並ぶことが無いみてえで。


本当に分かんねえんで?

 

 

 

俺のこと。




「まあ良い、また会ったときにしてくれよ。今度はちゃんと得物持ってくんだな」

行かないで。


「土方ッ」

後ろから抱きついた。


そのまま押し倒す。
「ッ、てめ、何を…………!!!」

慣れたもんでしょ、

 

いつもあんたとヤッてますからねェ。


 

瞬く間に着物を捲って、行為を始めた。 

土方の喘ぎが荒くなる。 




いつからだったか、俺たちの距離が縮まったのは。

 

 

そう、上京してまもなく俺が江戸っ子口調も板についたとき。

仲間を初めて喪ったとき。

あんたが後ろから抱きしめてくれたんでしたねェ。





「お、い。離…………せ……ッア!!」

 

 


あんたの傍にいて、同じ経験だってたくさんした。
でも足りない。

同じになりたい。
出来るだけ共通点を増やしたい。




あと一歩なんだ。
ここまで来て。


気を失ったまま微動だにしない土方を後にする。

「待ってますぜ、10年間」
 

 

 

これ、浮気じゃねーよなァ。

と、少し思った。







「オイ、何してる総悟」

畳に横になったままの沖田に土方が声をかける。



「あ、戻ってきた……………」
過去から。


土方さんは意味が分かるはずも無く、
「ああ、ただいま」
と返事した。




やはり、夢だったんだろうか。

「夕飯だ、行くぞ」
ふと、土方さんが何か続ける。

聞こえない。
「え?」
「10年前、お前が────────」



続ける必要はなかった。
続けることは出来なかった。

「じゃあ、手合わせしましょうかねィ?」

得物はちゃんと持ってやすぜ。

 

土方が軽く頷く。

「土方さん、ただいま」

 

 

「ああ、おかえり。」

 

 

 

 


BL絵描いてる方って皆様上手いですねええええ
youtube観て悶えましたwww
てーかギンって目ェ開いてた方がかっこいい気がすr(ry


タグ:小説 沖土
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。