So-net無料ブログ作成

youtubeってハマるのに波がある。 [高銀]






「またそんなモン着てくのかよ」

銀時が呆れた声を上げる。
高杉は首を傾げた。



「何でだ?別に動きにくくねーぜ?」
「そういうことじゃなくて、」


もったいねーなー、と思って。

「高そうじゃねーか、それ」


貧乏くさいセリフに高杉は思わずふきだす。

「そうでもねーって。」
美しいものが好きだ。


女、男、着物、音、景色───────。

戦場こそ、自分の墓場こそ、美しくいたいじゃねーか。


「お前もその着物そろそろ新調したらどうだ」
「いーの、俺は金ねーもん」





フワリと羽織ったそれは、


血のにおいがした。








白夜叉。

奴は綺麗な銀髪。





だから、それァ白がよく似合う。













何色にも染まっていない、その純白を、


「行くぜェェェェ!!!てめーらァ!!!!!」

戦場の背中に見るんだ。












仲間が死んだ。

今日も死んだ。


大量に死んだ。





そして、





大量に殺した。





仲間の分敵を倒して、
頭数では余りあるのに心では満足出来ない。

むしろ大きな虚無が襲って、苦しい。







銀時の心境はまあそんなもんだろう。


俺はそんな気持ち、とっくに捨ててきた。
持っていても辛いだけのもの。
捨てても誰も悲しまないもの。


言わば、無駄なもの。




なのに、あいつはその気持ちを捨てきれずに。
戦のあとには必ず、ああして天を仰ぐ。






早く、捨てちまえよ。
楽になるぜ?





言いたいのに、中々その姿が様になっていて、いつも機会を逃す。

今日は雨なんか降りやがって、特に美しい。





ため息をついた。



「武具くらいおろしたらどうだ」

銀時は黙ったまま相変わらずの格好で。


仕方ないから近寄って外してやる。





「!!!!!」







黙って武具をつけ直す。
銀時がやっとこちらを向いた。

「どうした高杉………………?」

「どうもしてねえ、お前。」

「何?」

「武具、外すんじゃねーぞ」

「何で?え、オイ高杉!?」

「お前ら帰るぞ!!」

生き残った男たちに告げてもう一度銀時を見やる。

「重いなーコレ、本当。肩凝るわ」

と言って、武具を下ろしている最中で。 

「何外してんだよ!!!」

「いいだろ、別に」

「良くねえッ」

舌打ちをして、自分の上着を脱いだ。

「これ、かけてろ」

「?」

「、着物、透けてる」

「あ、本当だ。いいじゃねーかこんくらい。高杉くんのえっちー

「俺はお前のッ!!!」

「ありがと、着てくわ」

 

大事そうに袖を通すお前があんまり綺麗で、

俺はお前に触れられなくなったんだ。

 

 

 

 

 


心配だ。



ごめんなさい、前半の語りの重さからの服透けオチっていう。
違うんだ、オチが無かった訳じゃないんだ。
オチが先に出来てた話なんだ(え
いやまじです。
繋がるように作ってみたら案外シリアスになっちゃったんだ←

友達わちゃんとノートに構想をまとめてから執筆にかかってます。
ある意味尊敬だわ、学校で普通に開くとか。
何かヲタが全面的に許されてるうちの学校。
開くのは夏冬のカタログまで(そして出陣予定を組む(笑)まで)かと思いきや、R18の表紙あんあんの土銀開いてました、しかもうちの席で。

果たして一般社会でドン引かれるタイミングがはかれるだろうか。

 

という半年前のつぶやき←

あとがき書いたんなら完成させろォォォォ半年前の自分www


タグ:小説 高銀
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。