So-net無料ブログ作成
検索選択

これは来るっきゃない。 [山土山]


 

 

 

 

気が付くと、俺は血まみれだった。






ここ数日の記憶が無い。




「痛て…………」



 

何で、こんな。













 

 

 

 

 

「そんなに暇なら副長がやってくださいよ」





ぼやいた口は判っているんだ。

副長が毎日ここへ足を運ぶ理由。









この人がそんなに暇じゃないことは分かりきっている。








「あ、副長、あれ見てくださいよ」

「何だ」



窓に寄せた顔を横から見る。






やっぱり綺麗だ。






「どこだ、山崎?」

「ほらあれですよ、あれ」


「あれじゃ分かんねって……………ッ」








鬼の副長ともあろう人が無防備に頬を空けるから。








顔を少し離すと、真正面に見据えられて、そのまま口付けた。






「っと、いけね」



「何だ」

土方が物足りない顔を寄せてくる。



それを拒んだ。


「お前から誘ったくせに」







「監察中にはしないとあんぱんの神様に誓っているんですよ」




そういうことには人一倍理解のあるひとだから、

「ったく、仕方ねえ」


と、素直に離れた。




「俺ァ帰るぜ、何かあったら連絡しろ」




「了解です」





去る背がやけに淋しそうで、謝った。



「すみません。」





「謝るこたねーよ、立派な心構えだ」


 

ただし、


「次の休みは憶えてろよ」





不敵に笑って、消えた。




本当に、


「…………かっこいいな」








 

 

 

 

 

 

 

 

次の日、あのひとは来なかった。




昨日みたいなことを起こさないためと気を遣ってくれたんだろう。










俺は窓に向き直る。


監察中に物思いに耽るなどもっての他だ。




あのひとのことなんて、考えるだけで日が暮れちまうわァ。






 

そうやって今日も俺はあんぱんを喰らう。



あんぱんが好きな訳じゃない、


副長が好きだから。






 

 

 

 

 

「…そうか……………」


あのあとあんぱんスパイラルに巻き込まれて。








でも何で体中ボロボロなんだ?












何で。




俺は泣いてんだ?










痛みで体が起きないから、首だけ回して辺りを窺うとあんぱんの海。





他に変わったことは特に…………




 


「………ん…?」


あんこが無惨に床に撥ねている。




これは………………?



あんぱんを上からたたきつけたみたいな。





たたきつけ………………









たたき………………








「ああああああ!!!!!」


痛てて。





俺は、副長に。










副長が逢いに来て、

「すまねぇな、忙しくてよ」

なんて言うから、


嬉しいのを抑えきれなかったんだ。










監察中は、仕事に専念すべし。




ふと、頭によぎった。



駄目なんだ、副長のことは。



 

 


考えてはいけない。




 

 

あんぱん。





こういうときに役に立つだろう?







そうだ、いくらでも在る。

手にとって、そう。


 

構えて。



「パーンッ!!…………ってなる訳ねーだろォォォォ!!!」

 

 

あんぱんを思い切り地面にたたきつける。




 

 

「…………………」


こんな風に副長にスパーキングして。





 

 

怒っただろうな。



こんなにボコボコにして。



もしかして俺のこと嫌いになったかな。







 

 

そんなことは無い、と打ち消したくても、

不安ばかりが募って、息苦しい。

ここにあのひとの影が見えないのも、だからかな。





 

 

急に悲しくなった。


「ごめんなさい、俺、おれ…………!!!」



監察中は、仕事に専念すべし。
標的から一瞬足りとも目を離すべからず。







 

大切な人のためなら、破ってもいいのかな。









立ち上がった。



走り出す。




傷口が開いた。


血が出る。

痛い。



それでも気にしていられなかった。

 

 

 


傷も、任務も。 

 





屯所に行って、謝ろう。


仕事しなかったこと、どんなに殴られてもいい。






玄関に行って、立ち止まる。










真っ白な包帯と大量の絆創膏。



その他諸々の薬。






紙切れが、一枚。


『早く仕事しろ。』





 

 

 

 

 




窓に向かい、座った。



今日も俺は、あんぱんを喰らう。











 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「やってるよ、山崎冬のパン祭り。」 

 


「終わったか」

「はい」



あんこまみれの2人が連行されたのを見届ける。



「帰るぞ」




軽く手を置かれた肩は震えた。



「お前はよくやったよ、」


帰るぞ。


 

 

 

歩く背が止まった。 

 

 

 


「そうだ、何か食いてえもんあるか」


「え?」


「おごってやるよ、一緒に行こうぜ」




 

 

いつまでも。

 

 

 

あなたの背を。

 

 

 

 

 


うおおおおお駄文きたー。
山土山はこれ、あんぱん読んだらくるっきゃねーだろおおおおお。

包帯は土方さんが巻いてくれたってのもいいなーと思ったんですが思っただけになっちゃいましたねー

土山より山土のが好きなんですが書いてみたら土山に……(泣)

 

 


タグ:小説 土山 山土
nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

nice! 1

コメント 1

葉桜 逃真

わわっコメントありがとう御座います!!
上手だなんてっ////嬉しすぎて氏にます←
私の方こそ、こんな素敵なお話読ませていただきありがとう御座いました☆

by 葉桜 逃真 (2012-03-24 13:57) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。